自然のパワーを活かす

森林ウォーキング

IMG_20170713_133419
日常生活と異なった気候環境(森林、河川、海岸線)で、運動療法や休養などを行うことによって期待できる効果があります。
森林でのウォーキングでは、エネルギー消費量アップ、筋力アップ、内臓脂肪減少、脂質代謝活性、耐糖能アップ、脳活性が期待できます。

 

タラソウォーキング

琴ヶ浜タラソウォーク
海岸線での運動療法では、裸足で歩くことで得られる冷刺激、筋力刺激があります。海塩粒子(エアロゾル)を呼吸から取り込むことができます。
 

クナイプ療法

 

IMG_20170721_150949
クナイプ療法とは、腕や足などを動脈部位を10℃程度の水に30秒ほど浸し血液循環を活発にすることで疲労回復に効果的です。
scroll-to-top