健康経営アドバイザー

健康経営アドバイザーを取得

 1.健康経営アドバイザーは、健康経営の基本概念、社会的背景、実施メリット、一般的な取り組み事例、公的施策等を理解し、企業(経営者)に説明できることが求められる。  

2.健康経営エキスパートアドバイザーは、さらに、企業経営、関連法規、保健事業、先進事例の内容を熟知し、健康経営の実施に向けた具体的な助言ができることが求められる。 

3.健康経営アドバイザーの活動は、健康経営の普及・推進に重要な役割を担う。  

Ⅰ…健康経営アドバイザーの役割 健康経営アドバイザー制度は、健康経営を知らせる企業(経営者)に対して健康経営の必要性や重要性を伝え、実施へのきっかけをつくるとともに、健康経営に取り組もうとする企業に対して、行政の施策や外部リソース等の情報提供、実施支援を行う専門家を養成する制度です。 健康経営アドバイザーにおいては、健康経営の基本理念、社会的背景、実施することのメリット、一般的な取組事例、公的施策等を理解し、企業(経営者)に説明できることが求められます。 健康経営エキスパートアドバイザーにおいては、さらに、企業経営、関連法規、保健事業、先進事例の内容を熟知し、健康経営の実施に向けた具体的な助言ができることが求めらます。  

Ⅱ…健康経営アドバイザーの活動は健康経営の普及・推進に重要な役割を担う 少数精鋭で事業を運営している中小企業にとっては、健康経営こそ必要な取り組みであると言えます。経営者に健康経営の必要性とメリットを伝えることができれば、普及、推進はいっそう進むでしょう。したがって、今後の中小企業に対する健康経営の普及・推進には「健康経営アドバイザー」の活動が重要な役割を担うことになります。
scroll-to-top